エレコット

インターネットをするときに余っちゃった情報を公開していきます。

ブログ

ブログで稼ぐために情報商材を買う必要はありません

情報商材なんて大嫌いだ!

私は5ヶ月前にアフィリエイトを初め、今月ようやく収入が5ケタを超えました。
巷に溢れている「ブログでウン百万円稼ぎました!」なんて華やかな世界からはまだまだ程遠いですが、リアルな金額だとこんなもんじゃないですかね。
というか自分は作業量が全然足りてない。

この記事では超初心者アフィリエイターの方を対象に、私自身の体験やこの5ヶ月間で実際に稼いでいる方から見聞きした話をまとめていきます。

情報商材

アフィリエイトで稼ごうとするとまず目につくのが情報商材です。これを買う必要はありません。
絶賛されてる、されてないに関わらず全ての情報商材って必要ないんですよね。

ネット上の情報商材についての評判はアフィリエイターのセールスに汚染されまくっているので参考にしないほうが良いです。

実際に見ていれば分かるのですが、ほとんど「この情報商材はこんなところが最高です→購入はこちらから!」「この情報商材はもう古いです→新時代のアフィリエイト手法を知りたい方はこちら!」なんて内容で購入へ誘導するような内容ばかりです。
私は嘘を書いてまで稼ぎたくないです。情報商材へのリンクは貼りません。

情報商材の販売者の素顔

情報商材を作成して販売している方々というのは、その多くが「どういう手法で、何を売って、どれくらい稼いでいるのか」を公表できていません。
部分的に公開されていることはあってもこの中の一部だけだったり。
収益を実際に公開していたとしても「その収益、販売している情報商材自体の売上じゃない?」なんてところが多いです。
購入者にとって再現性がないんですね。

どういう手法で何を売ってどれくらい稼いでいるのかも全く明らかにせず、販売ページからして胡散臭い情報しか並べてないのに読んでいると何だか買ってみたくなってしまうセールススキルは素直に凄いと思います。

そもそも、お金が先払いで情報が後払いというのがアフィリエイターの思考ではないんですよ。
良質なコンテンツを無償で提供した結果が報酬として現れるのがアフィリエイトですから。
そういうアフィリエイトを、消費者にリスクを負わせて一方な得をするような商売をしている方が教えられると思いますか?

情報商材レビュー

具体的な話に移りましょう。
私がアフィリエイトを初めてから買ってしまった情報商材のレビューです。

下克上

私が初めに買った情報商材です。
老舗のためか過大にプッシュされてます。

紹介されている手法はトレンドアフィリエイトというもので「話題になっている出来事やニュースについての記事を書いてアクセスを集めろ」という内容です。
本当に教材の中身がこれだけなんですよ笑 ネット上にある無料の情報のほうがまだ濃密でした。

発売されたのが2012年とかなり古く、当時は斬新な手法でこの教材通りにやっていれば簡単に稼げていたのかもしれません。
ただ、今は参入者の増加や相次ぐGoogleのアップデートで紹介されている通りに取り組んでいても全く通用しなくなってしまったんですよね。
2014年に新・下克上としてアップデートされているのですが追加されている内容も特筆するようなものではありません。

トレンドアフィリエイト自体はオワコンな手法ではないのでこの商材に興味のある方はネット上にある情報を拾ってください。

LUREA(ルレア)

どちらかと言うと良心的な商材でした。
「アフィリエイトには泥臭い作業が必要」ということがかなり強調されているからです。
ただ、それを知るためだけに買う価値があるかというとどうですかね〜。

確かに「お金を払うことで本気で取り組める」なんて面もあるとは思うのですが、この情報商材通りに作業を進めていくとブログを100、200と作っていく作業が必要になってきます。
この作業がやり通せるかって情報商材を買った買わないか以前の問題のような気がするんですよね〜。

「東大に行く勉強法を教えるよ!それは1日18時間勉強することだよ!」みたいな。つらいわ。

ルレアで紹介されている手法が知りたければ、もしもアフィリエイトに登録した後のフォローメールがかなり似たものになっているのでオススメです。

覚悟さえあればわざわざお金を払って情報商材を買う必要は絶対にありません。

手法に頼らない

アフィリエイトに限らず、初心者ってとにかく手法にすがりたがります。
○○するだけダイエット然り、聞くだけで英語ペラペラになっちゃう魔法の商材然り。
こういったダイエットや英語のように泥臭い努力が必要になるジャンルはできるだけ「お手軽感」を演出した商品が売れるようになる傾向があります。

アフィリエイトも、私を含めほとんどの人が楽に稼げそうだからという理由で参入すると思うのですが、実際は膨大な作業量をこなさないと結果がついてこない汗臭い世界です。
「知っているのと知っていないので大きく差がついてしまう何かがあるのでは?」なんて考えて情報商材に走ってしまう時点で稼げる考え方ではない。

で、肝心の情報商材を読んでみるとほとんどの場合当たり前のことしか書いてないんです。
「作業量を増やしましょう!努力をしましょう!」
あとはネット上にタダで転がってる手法が淡々と説明されるだけ。

おわり

ネット上では「稼ぐ為には自己投資が不可欠!」なんて消費者を煽って商品を買わせる手法が蔓延していますが、情報商材に関してはわざわざ何万円も払う必要ないよなぁと感じてしまいます。

その分野の専門家が数ヶ月・数年かけて何百ページもかけて執筆した本が数百円で売られているんですよ。
実態もよくわかない人が売ってる数十ページの情報商材が数万円もするって普通に考えておかしいじゃないですか。

「情報商材は詐欺だ」と言うわけではありませんが、書いてある内容に値段ほどの価値がない。
Twitterでアフィリエイトで成功している人を探しても、情報商材を読んで学んで稼いできた人って少ないんです。
自分の力で試行錯誤して成長してきた方がかなり多いんですよ。

本当に何をすればいいのかすら分からないという方は、最近発売された「アフィリエイトがまるごとわかる本」でも読めばアフィリエイトの大体の全貌は見えると思います。 あとは作業をするだけですよ。

-ブログ