エレコット

新卒社会人のキャリア・日常について

恋愛

結婚したい女性がとるべき5つのステップ

2019/04/01

女性は男性よりも左脳に優位性があり、会話や計算が得意である一方で地図を読むなど右脳を使う作業が苦手とされています。

では結婚という視点でこのことを考えるとどうでしょう。
結婚したい女性達は、自分のおかれている状況を地図のように把握できているでしょうか。

今回は結婚に対して不安を持つ女性に向けて、彼氏に出会ってから結婚、結婚後までのステップを提案させていただこうと思います。

なぜ結婚できないのかを知る

なぜ自分は結婚していないのか、したくてもできないのか、など哲学的に理由を考え始めると混乱してしまいますし、むやみに婚活をしても時間が無駄になります。

ここでは一旦気持ちや状況を整理してみましょう。
自分のことを書いていくだけなので誰でも簡単にできますよ。

プライベート

彼氏がいるのなら、その相手と結婚を考えられるか。
考えられないのであれば、その理由が重要です。

  • 結婚相手に望むものは? 容姿や年収などできるだけ具体的に。
  • 結婚後にどういう暮らしをしたいか書いてみましょう。
  • 結婚している友達や知り合いでいいなぁと思える人はいますか?
  • 独身の友達や知り合いで幸せそうな人いますか?
  • お母さんは幸せそうですか?

仕事

  • 結婚後も仕事を続けたいか。続けたいなら待遇や勤務地などを具体的に。
  • 職場や取引先に結婚相手として考えられる年齢層の男性がいるか。
  • 職場の女性の既婚、未婚の割合。年齢や自分との親しさなどで分けてみましょう。

結婚に何を望むか

自分の気持ちや状況を書き出せたら、自分が大事だと思う順番に並び替えてみましょう。

このとき最初に書きだしたリストを残しておくと、後で書き足したりできるので便利です。

並べ終えたら、矛盾しているところや判断に迷うところがないかじっくり見て、解消方法を具体的に絞り込みます。

たとえば、

「オフィスワークをしていて結婚後も続けたい」
「結婚したら田舎でのんびり暮らしたい」

という2つの気持ちがあるのなら、それを受け入れてくれる結婚相手を探さなくてはいけませんし、そのために住む場所もおおよそ決まってくるはずです。

結婚後のことも考えましょう

結婚は大切なイベントですが、結婚自体を目的にしてしまうと後で後悔することになるかもしれません。

新婚生活、出産や子育て、子供が自立した後、老後と、長い道のりをどのように過ごしたいか具体的に想像してみましょう。

ここでちょっと横においておいた、お母さんや友達の姿がとても参考になるはずです。

平均初婚年齢が女性29歳、男性31歳なのに対し、平均寿命はだいたい女性87歳、男性81歳です。

晩婚化と言われていますが、人生の中で結婚した後の期間のほうが長いのは明らかです。

こういった事情を考えてここでもう一度リストを見てみましょう。
順番が入れ替わるところや要らなくなった部分はありませんか?

結婚のベストな年齢は?

もう少し具体的に、出産なども考慮した最適な結婚年齢を考えてみましょう。

一般に初産の場合35才以上が高齢出産とされています。

高齢出産のリスクは30歳を超えたあたりから少しづつ高まりますから、子供がほしい人は早めに婚活を始めたほうがよいでしょう。

また男性の健常な生殖能力は50才くらいが限界で、女性と同時にリスクが増えると考えられるようです。
そのため、子供を産みたいなら相手の年齢も考慮しないといけません。

もちろんある年齢に達したら結婚してはいけないということではなく、あくまでリスクとして知っておくことが重要です。

それと子供は欲しくないというのも、決して悪い考えではないことも覚えておきましょう。

あなたは誰と結婚しますか?

ここまで、結婚相手のことにほとんど触れていません。
ですがココがポイントです。

ここまで読んでくれたあなたは、あとは相手を絞り込むだけで、より少ないリスクでスムーズに結婚することができるでしょう。

リストの中のまだ手付かずの項目を見てみましょう。

「結婚相手に望むもの」に対して、あなたの職場は適しているでしょうか。
あるいは未来に期待できるでしょうか。

そうでないなら勤務先を、もしかしたら職業自体を変えたほうがいいかもしれません。

そして最後にもうひとつ、あなたは相手にとって結婚の対象になる女性でしょうか。
リストに自分が生活上譲れない部分を書き加えて、もう一度考えてみましよう。

何気ない会話の中から取捨選択していけば、自然にお互いが結婚相手としてふさわしいか見えてくるはずです。

まとめ

「結婚式は大きなイベント」ですが「結婚は長期間のイベント」です。

お互いが自然体でいられてこそ幸せも育めるのではないでしょうか。

「大好き」がストレートに結婚に結びつけば幸運ですが、結婚の方法はそれだけではありません。

バスタイムにちょっとリストを見てみるとか、1日のうちで少しでも結婚のことを考える時間をつくれば、いつかチャンスが訪れるはずです。

ちょっとだけ、自分のことではなく相手のためにがんばりましょう。

-恋愛