エレコット

新卒社会人のキャリア・日常について

Python

ウェブサイトの入力欄への一括入力ツール

2019/09/24

クラウドワークスの受注で、ウェブサイトの入力欄への一括入力ツールを作成したので紹介します。

プログラミング作成で初の受注だったため、安めの料金で受注させて頂きました。

納期:2日間
単価:5,000円
技術:Python、selenium(chromedriver)

クラウドワークスの評価

初めてクラウドワークスで仕事を受けたのですが、こういった形で褒めてもらえるとモチベーション上がりますね。

動作概要

今回の依頼は、Webサイトの売却サービスへの登録でした。
Excelなどで登録するサイトのテンプレートを作成したいという要望を受けたので、Excelから入力情報をいじれるようにしています。

自動入力の内容エクセル

 

▼プログラムを実行すると、登録したいテンプレートを選択するよう入力画面が現れます

 

▼あとは以下の動画のように自動で登録項目を一括入力・登録完了

工夫点

情報登録などを備えたプログラムをゼロから作ると余計なコストがかかってしまうので、Excelの情報を流用した作成で時間・労力ともに低コストにする形で相談させて頂きました。

こういったExcelで項目を直接入力するタイプのプログラムは、変換間違いなどがあるだけで動かなくなってしまうので、若干の揺らぎに対応させて変換間違いなどがあってもカバーできるような形で作成しました。

本格的に隙のないツールを作成するには全項目ボタンを用意するなどの必要がありますが、やはりコストとの兼ね合いですね。

それ以外にも、
・プログラムで想定していない値が入った場合は「その他」項目を選択する
・本登録の前に入力結果の確認を促して手動でEnterを挟む

などの仕様で制作した点が、工夫点です。

-Python